安くてかわいい欧風雑貨が大人気!

>

新しい食器を加えていってあなたなりのテーブルコーデを

テーブルコーデは堅苦しく考える必要なし!

欧米のテーブルコーディネートというと、コース料理に使われるような一式諸々を、同じ模様で揃えなくてはいけないような気がします。
しかし、最近は若手のインテリアコーディネーターが気軽に出来るミックスコーデというのを提案しているのもあって、そこまで堅苦しく考えなくてもよいようです。
例えば、アンティークのものに新しいものを混ぜる、地中海風の明るいものにシックでシンプルなものを混ぜる、和風と洋風を混ぜる、といった風です。
要はあまり格式ばっていると却って使い勝手が悪いので、全体のバランスが良ければそれで良いということのようです。
日本の女性雑誌でも度々ミックスコーデを提案しているのを見かけたので参考にするのも良いでしょう。
因みに私はアンティークで買ったヘレンドの、バラの花が頭に乗っているポットとシュガーポットを、透明ガラスのティーカップと組み合わせて使っていて、気に入っています。

毎日の使い勝手も考えて

いくらかわいくておしゃれな食器でも、毎日使うものなので使い勝手が悪いとやがて使われなくなってしまうでしょう。
例えばフォークやスプーンの柄が木製のものはかわいいのですが、金属部分との継ぎ目が洗いにくいのが問題です。
また、食洗器が使えるか、電子レンジにかけられるか等もチェックしてみましょう。
欧米のティーカップで多いのが、金の縁取りがしてあるものですが、電子レンジにかけられないものが多いです。
また、機能面だけでなく、デザインの面でもどれを組み合わせても出来るだけ違和感の無いよう、全体のバランスを考えて集めていきましょう。
いくら堅苦しく考えず、自由な発想で!と言っても、晩御飯のお茶碗がショッキングピンクで汁椀がトルコブルーなんかだと、食欲が湧きませんよね。
実際にご飯を食べるためのものなので、おかずやごはんをよそおいやすい、ご飯が美味しそうに見えるものをチョイスしましょう。