安くてかわいい欧風雑貨が大人気!

>

グリーンを取り入れると程よい生活感がでます

初心者は多肉植物などからスタート

インテリアとして植物を選ぶ際に忘れてはいけないのが、植物も生き物だということ。
インテリアの写真を見ると当たり前のようにグリーンがところどころに置いてあるので、自分でも育てられると思いがちですが、意外と難しいです。
植物を選ぶ際には、初心者はまず生命力の強いものを選ぶこと。
そして、水遣りの頻度が高くないことも重要です。
また、日向と日蔭をそれぞれ好む植物がありますから、育てる場所に応じて選ぶようにしましょう。
これから始めて育ててみる人は多肉植物お勧めです。見た目がお部屋のインテリアにマッチし易いですし、何といっても水遣りの頻度が少なくて済みます。
だいたい月1、2回の水遣りで済みます。仕事や帰省等で部屋を空けなければならない人でも多肉植物なら育てられそうです。

器を変えると植物の印象も変わります

どんなにシンプルな植物でも、植物を入れる器を変えるとかなり印象が変わります。
無難なグリーンも可愛らしい色の素焼きのポットに入れればぐっとおしゃれになります。
フラワーアレンジメントなんかでも、上級者になるとアレンジメント自体と同じくらい、器にもこだわるといいます。
植物を買ってきた時の器そのままでなく、ぜひ雑貨屋さんでかわいいものを見つけて入れ替えてみてください。
最近では、雑貨屋さんでもそのまま部屋に置けるように多肉植物をかわいい器に入れてセットで売っているところもあるようです。
おしゃれなものをDIYしてみたい!という方は、Pintrestで「insidegreen」や「houseplants」の単語などで検索してみると、海外の様々な例を見ることが出来るので、参考にしてみてはいかがでしょうか。